​第8課

前置詞、近接未来、強勢形人称代名詞

音声のオンライン再生

45
00:00 / 00:18
47
00:00 / 00:23
46
00:00 / 00:19
48
00:00 / 00:52

理解を深めるために

様々な前置詞

 

A よく使われる前置詞

前置詞は、名詞・代名詞・形容詞・不定詞の前に置かれて文中の他の要素との関係(場所、時間、手段、理由など)を限定する語で、不変化である。1つの前置詞が様々な意味をもつ場合も多い。初級の段階で覚えておくと便利な前置詞を以下に挙げておく。

à    ~に、~へ、~で

(場所)

例:Élise habite à Paris. 

エリーズはパリ住む。

René arrive à la bibliothèque.  

ルネは図書館行く。

(時間)

例:Elle part à 7 heures.  

エリーズは7時出発する。

(手段)

例:Il va à l’université à pied.  

彼は大学に徒歩行く。

(所有)

例:Ce livre est à René.  

この本はルネのものだ。

de    ~から

(場所)

例:René vient de Marseille. 

ルネはマルセイユから来ている。

(時間)

例:Il travaille de 9 heures à 15 heures. 

彼は9時から15時まで仕事をする。

en   ~に、~へ、~で

(場所)

例:Élise habite en France.

エリーズはフランス住む。

René part en Espagne. 

ルネはスペイン出発する。

(手段)

例:Elle va à l’université en train.  

彼女は電車大学に通う。

(時間)

例:Elle part en mai. 

彼女は5月出発する。

Il y a les JO en 2020. 

2020年オリンピックがある。

dans   ~の中に、~の中へ、~後に

(場所)

例:La clé est dans le sac.  

鍵はカバンの中にある。

Il entre dans la bibliothèque.  

彼は図書館の中に入る。

(時間)

例:Il va finir ses devoirs dans une semaine. 

彼は1週間後に宿題を終える予定である。

par   ~を通って、~につき

(場所)

例:René entre par la porte principale. 

ルネは正門から入る。

(配分)

例:René va à l’université quatre jours par semaine. 

ルネは1週間につき4日大学に行く。

pour  ~のために、~へむかって、~までに

(目的)

例:Élise achète un cadeau pour son frère. 

エリーズは弟のためにプレゼントを買う。

René va à la bibliothèque pour préparer ses examens. 

ルネは試験に準備をするために図書館に行く。

(方向)

例:René part pour Paris. 

ルネはパリに向けて出発する。

(時間)

例:Élise doit faire ses devoirs pour la semaine prochaine. 

エリーズは来週までに宿題をしなければならない。

avec ~と一緒に

例:René parle avec ses amis. 

ルネは友達話す。

Il mange du pain avec du fromage. 

彼はパンをチーズと一緒に食べる。

chez  ~の家に、~のところで

例:René va chez le dentiste. 

ルネは歯医者行く。

Élise rentre chez elle.  

彼女は自宅帰る。

 

*chezは前置詞deと一緒に用いられることも多い。

例:La poste est près de chez moi.  

郵便局は私の家の近くにある。

B 場所と時間に関するその他の前置詞
画像2.jpg

場所にかかわる前置詞および表現

entre A et B (AとBの間に)

en face de(~の正面に)

près de(~の近くに)

loin de(~の遠くに)

au milieu de(~の真ん中に)

au centre de(~の中心に)

à gauche de(~の左に)

à droite de(~の右に)

à côté de(~の横に)

contre (~にはりついて、~によりかかって)

sur(~の上に)

sous(~の下に)

devant( 前に )

derrière(後ろに)

en face de(~の向かいに)

 

時間にかかわる前置詞および表現

avant(~の前に)

après(~の後に)

depuis(~以来)

il y a(~前に)

pendant(~の間に)

à partir de(~から)

jusqu’à(~まで)

 

C 方角を表す前置詞

東(l’est)西(l’ouest)南(le sud)北(le nord)を示す表現もよく用いる。

例えば、「フランスの北に」という表現はau nord de la France、「フランスの北部に」はdans le nord de la Franceとなる。「スペインはフランスの南西にあります」と言いたいときは、L’Espagne est au sud-ouest de la France.となるし、「ボルドーはフランスの南西部にあります」ならば、Bordeaux est dans le sud-ouest de la France.となる。

EXERCISE

ここで習った前置詞を使って日本語をフランス語に訳しなさい。

1. 名古屋は京都と東京の間にある。

2. 私の携帯電話はカバンの中にある。

3. 本は机の上にある。

4. 大学の近くに病院がある。 

5. 私の大学は私の家から遠くにある。

6. 授業(le cours)の後に私は仕事をする。

7. 試験(les examens)の前に復習をする(réviser)。

8. これはあなたのためのプレゼントです。

9. 私は両親と一緒に住んでいます。

10. 私はフランスに行くためにフランス語を勉強しています。

近接未来に関する補足

 

A 近接未来の2人称を使った命令や依頼

近接未来は2人称で使われた場合に命令や依頼を表すこともある。

例:Tu vas réviser tes cours.     

授業の復習をするんですよ

Vous allez réviser vos cours. 

授業の復習をしてください。

B 近接未来の否定文

近接未来を否定文にする場合には、 allerを活用させた部分のみをne ~ pasではさむ。

 

例:-Est-ce que tu vas sortir ? 

出かけるつもりですか?

-Non, je ne vais pas sortir. Je vais rester à la maison. 

いいえ、出かけません。家にいるつもりです。

C aller +動詞の不定詞が近接未来ではないときもある

「aller +動詞の不定詞」という形は、場合によっては近接未来形としてではなく、「~をしに行く」というaller本来の意味で用いられることもある。

 

例:Michel va chercher son fils à l’école tous les jours.

ミッシェルは毎日息子を学校に迎えに行く

© 2019 Alma Publishing