​第1課

主語人称代名詞と第1群規則動詞(-er動詞)

音声のオンライン再生

30
00:00 / 00:15
32
00:00 / 00:36
31
00:00 / 00:39
33
00:00 / 00:17

理解を深めるために

語幹に変化が起こる動詞

 

発音上の理由から語幹に若干の変化がおこる動詞もある。

  • 複数1人称(nous)の活用形において変化が生じるもの。
    ◦changer : je change, tu changes,…しかしnous changeons(X nous changons)
    ◦commencer : je commence, tu commences,… しかしnous commençons (X nous commencons)

  • 単数1〜3人称および複数3人称の語幹と複数1、2人称の語幹が異なるもの。

 

OCP LdP_理解を深めるために (12).jpg
EXERCISE

A 次の動詞を活用させなさい(現在形)。

OCP LdP_理解を深めるために (2).jpg

B 指定した人称に活用しなさい。

     1. changer 

           → tu ...............         

           → nous ...............

     2. commencer 

           → ils ...............         

           → nous ...............       

     3. manger

           → nous ...............     

           → je ...............

     4. répéter

           → tu ...............         

           → vous ...............       

     5. acheter 

           → j’ ...............           

           → nous ...............

(練習問題の解答は教員用指導書にあります)

現在形の広がり

A 現在形は進行形も含む

英語では現在形(~する)と現在進行形(~している、be動詞 + -ing)をはっきりと区別するが、フランス語では両方とも基本的に直説法現在を使う。

もしそれが継続中の動作であることを敢えて強調したい場合は、「être en train de+不定詞」を使う。

例:Je mange.

私は食べます。/ 私は今食べています

Je suis en train de manger.  

私は今食べている最中です

B 現在形は未来を示すこともできる

フランス語の現在形はまた、未来に関わる副詞と一緒に使えば未来を意味することもできる。

例:Il arrive demain.  

彼は明日到着します

C 現在形は過去を示すこともできる

過去についても、主に歴史的記述において現在形が使われることがある。

例:La guerre éclate en 1939.   

戦争が1939年に勃発した

© 2019 Alma Publishing